ライター:NAOのブログ

hi-res

最近よく見るハイレゾ・DSDとはなんぞや?

家電量販店のオーディオ関連フロアに行くと、「ハイレゾ対応」と謳ったコンバーターやアンプが目につくようになった。

全くの無知だったので、ちょっと調べてみた。

まず、今までのデジタル音源の大半は「PCM」方式と呼ばれるもので、windowsだとwavファイル、macだと、aiffなどがそう。

「ハイレゾ音源」は、今までと同じ「PCM」方式らしく、単純に従来より音質を上げたものだそうだ。

そういえば、昔CUBASEでサンプリングレートやビット数を上げてアコギを録音したことがあるが、えらい音が良かったのを覚えてる。

結局、通常のプレイヤーでは聞けないので、最終的にはCDレベルまで落とさなきゃいけないので、意味がなかったのだが・・。

コンバーターが普及することで、アーチスト側もようやく高音質の録音を披露できるという時代になったというわけですな。

ちなみに、iTunesなどで一般的に聞かれてる音は、mp3やaacといったファイル形式で、容量を減らすために圧縮されてるので、音質はwavやaiffよりは劣る。

最近は音質が良くなっているらしいが、個人的には、圧縮した音源はパンチが無くて嫌いなので、自分のiTunesには全部wavファイルで収めてる。

その分曲の容量がはんぱないが・・。

その「ハイレゾ音源」だが、元の音源がハイレゾであっても、対応のプレイヤー・コンバーターなどが無いと聞けない。

家電量販店に大量に扱っているモバイル型のハイレゾ対応ヘッドフォンアンプは、スマホでハイレゾ音源を聴くためのものだったのね。

そして「ハイレゾ」を調べてでてきたのが「DSD」方式。

「PCM」方式と「DSD」方式の違いを図で説明したのがこちら。

また、双方の違いについては、1bitCOLLETTIVEの説明がわかりやすかったので抜粋。

従来のPCM録音はビット数を上げる事で、音の解像度を細かくし、高音質を実現していました(マルチビット方式)

ビット数とは、ダイナミックレンジ(弱い音から強い音の幅)を表します。このビット数がCDだと16ビットで、近年流行の
ハイレゾリューション音源(ハイレゾとも呼ばれる)は、24ビットで再生されます。更にプロの世界では現在、32ビット
主流です。

この様に、ビット数を上げると、ダイナミックレンジが優れるため、16ビットで聞き取れなかった小さな音も、輪郭が
はっきりして、聴き取り易くなる。つまり高音質になって行きます。

しかし、ビット数を上げるにつれ、量子化ノイズが発生する問題も生じます。量子化ノイズは、元の波形の再現の際に歪みを作り、結果、音の歪み(ヒズミ)として聴こえる事となります。

対してDSD録音は、ビット数を1ビットに固定。量子化ノイズが発生しない状態を作り、代わりにサンプリング周波数を極端に上げる事で、原音に忠実な再生を実現した技術です。

その恩恵として、従来のPCM方式による録音方法では何重にも音に対して処理を行っていた工程を取り払う事が出来るため、アナログ録音に匹敵する滑らかさと、デジタルオーディオの強みである広いダイナミックレンジ両方を兼ね備えています。

オーディオファンならばご存知の通り、SACD(スーパーオーディオCD)にも採用されており、再生にDSD方式が使われています。そのため、PCM録音のCDに比べ数倍もの良い音でリスニングが出来ます。

だそうです。

小難しいことは良くわからないが、方式がいろいろあると面倒なので、リスナー側としては、「ハイレゾPCM音源」と「DSD音源」の両方が楽しめる機器があればいいわけだ。

そして、音源ダウンロードが主流になっていることを考えると、最低限、PCもしくはスマホの高音質音源を、アナログ(最終的な音)に変換するコンバーターさえあればいい。

手頃な値段で手に入るものはないかな?と探したらKORGが値段も手頃なコンバーターをだしてた。

さすがです。

ソニーもハイレゾ・DSD対応のウォークマンを出してるけど、そのために改めてウォークマンを買うか?というと微妙。

また、他の音響メーカーからもコンバーターやアンプなど多数でてるけど、どれも高額。

現状持っているPC・スマホ・アンプなどを使って、手軽に高音質音源を楽しむならKORGに軍配が上がりそう。

さらにKORGは「Clarity」という、DSDレコーディング用のDAWシステムを開発しているようなので、制作サイド側の情報について改めて調べて、後日記事にしようなかなと思っております。

| ライター:NAO | カテゴリー:機材ネタ